JOIN US!

モノづくりの現場には、製造工程のイノベーションだけでは
解決できない課題がある。

李 寧 2019年 入社

事業開発本部 インテレクチュアルキャピタル部

中国の高校を卒業後に来日。日本のモノづくりに興味のあったことから大学では機械工学を専攻し、工作機械メーカーに新卒として入社する。同社に2年間勤務した後にアスタミューゼへ転職。

カルチャーショックも含めて、日本のモノづくりへの理解を深めていきました

日本のモノづくりを学びたかったので、卒業後の進路は日本メーカーだけに絞っていました。自動車部品や、大学で勉強していた複合材に関連する素材メーカーもいいかなと考えていたのですが、モノづくりの基盤であるマザーマシンにも魅力を感じて工作機械メーカーに就職しました。配属先は研究開発の部署で、コンサルティングエンジニアとして主に新機種の量産前の性能評価、販売戦略策定、展示会企画といった業務を担当しました。工作機械は切る、削る、穴をあける、曲げる、延ばすといった機能ごとに専用機が開発されていて、入社1年目の私が担当したのはブランク加工と呼ばれる金属板材をレーザーなどで切断する機種です。2年目には溶接ロボットへと担当機種が代わりましたが、このような社員教育を目的としたジョブローテーションは、段階を追ってモノづくりの工程が学べる日本メーカーならではの美点だと思います。

展示会企画では、社内の常設展示場に国内外からお客様を招待して、新機種をプレゼンテーションします。相手は製造現場の責任者ですから質問は非常に専門的で、それに答えるためには製造工程に関する広範囲な理解が必要です。ブランク加工の機種を説明する場合でも切断だけではなく、曲げや溶接についての知識が要求されます。これについては勉強して自分の知識量を増やしていくしか方法がありませんから、上司や先輩社員の助けを借りながら、必死に追いついていきました。また、今では笑い話なのですが、ラジオ体操にはものすごく驚かされました。最初に配属された現場で始業を待っていると、いきなり音楽が鳴りだしてみんなが一斉に体を動かし出す。中国でも学校では同じような体操があるのですが、会社で体操するとは知りませんでしたから、最初は驚きました(笑)。そういったカルチャーショックも含めて、日本流のモノづくりについての理解を深めていきました。

企業独自の技術を活かすため、広い視点で探索し解決策を提案する

中国のお客様は声も大きくて、質問内容もストレートです。気に入れば大きな買い物をしてくれますが、もし期待に添 えなければ「この機械はだめ」「こんなのいらない」と、実にはっきりとしたリアクションが返ってきます。また同じ ように、欲しい機能についての要求にも遠慮がなくて、板材を切断するための機械でパイプを切りたいとか、そういう メーカーとして想定していない機能をリクエストしてくることが多々あります。もちろん、コンサルティングエンジニ アとして、そういったお客様の声にしっかりと応えることでモノづくり現場に貢献していきたいと考えていたのです が、しかしその一方で、課題を解決するのは工作機械の機能や性能だけではないのでは、という思いも日ごとに強くな っていきました。

入社してから2年という短い期間ではありましたが、一貫してお客様の抱える課題に接することで、モノや技術を導入 しただけでは解決できない、もしくはもっと問題の本質から考えて解決すべき課題がモノづくりの現場にはたくさんあ ることに気付きました。その課題解決が出来れば、企業が持っている技術力をもっと活かせるようになると思ったのが 転職することになった理由です。ただ、コンサルティングとは言ってもコスト削減や業務改善のような仕事ではなく、 これまで身につけてきたモノづくりに関する経験や技術的な知見が活かせる場所を望んでいました。 アスタミューゼ であれば、これまでのキャリアを活かしながら、社会課題の解決や新しいイノベーションをつくっていくような仕事に 挑戦できますし、グローバル展開しているクライアントが多く、海外での仕事に興味がある私にとっては、その点も非 常に魅力的でした。

徹底して先輩を真似することで、コンサルタントとしての コミュ力を磨く

前職とくらべて仕事の内容が大きく変わったので当然ですが、クライアントの前でプレゼンテーションする機会が圧倒 的に増えて、慣れるまではちょっと大変でした。提案内容そのものはTI部(テクノロジーインテリジェンス部)のア ナリストと一緒につくっていくので不安はないのですが、コンサルタントは会社を代表してクライアントとの接点にな るわけですから、上場企業の役員であるとかそういった経営層の方々に対して、これまでとは違ったコミュニケーショ ン力が必要になりました。これについては、永井社長をはじめ、徹底して先輩コンサルタントのプレゼンテーションを 真似することから始めて、自分のスキルを日々磨いています。

また、クライアントは前職と同じ業界だけではありませんから、新規案件を担当する毎に、新しい業界や技術専門知識についてキャッチアップしていく必要があります。会議に出ても、そこで使われているアルファベットの略称が何を意味しているのか、それこそ業界用語から社内用語まで、何を話しているかわからないのでは仕事になりません。わからない単語はメモしたり、録音したものを聞きなおして調べたり、とにかく早急に、そして正確に理解するように努めています。そのため、休日は会社の購入補助制度を利用して買い込んだ書籍の読書に費やすことも多いのですが、それはそれで充実した時間です。

他社が容易に参入できないサービスを提供できることが誇らしい

工作機械メーカーであれば、品質ではドイツ、価格では新興勢力の中国メーカーといったように競争相手のいる状態が デフォルトなのですが、アスタミューゼの場合は直接的に競合する相手がいないポジションで事業を展開しています。 特にデータドリブンで導き出される事業提案はとてもユニークです。例えば世界中の研究動向といったテーマでは、既 に世の中に出ている特許や技術論文だけではなく、科学研究費や事業投資額などの情報からどの分野のどういう研究や 技術に、実際にいくらの予算が使われているかとか、そういった情報を世界中から集めて、それらの情報を組み合わせ た上で「ここは5年後、この分野は10年後に伸びますよ」といった成長が期待できる分野を特定するために利用しま す。もちろん将来のことですから、完璧に未来を予測することは難しいのですが、しっかりとしたロジックからデータ ドリブンで導き出される事業提案は、クライアント自身も気づいていない新しい可能性を発掘するには最良の方法だと 自負しています。

お客様の課題を解決するにしても、他社が容易に参入できないサービスを提供できるということは、とても誇らしいこ とだと日々の仕事を通じて実感しています。もちろん、だからこそ、クライアントの期待も大きく、そのスケール感や 難易度は非常に高いので、これからも慢心せずに努力を続けていくつもりです。

ページトップへ