JOIN US!

最大のミッションは技術者と企業をつなぐこと。
そして、その過程を自分たちも楽しむこと。

青木 優 2018年 入社

事業推進本部 ヒューマンキャピタル部

製版会社でDTPオペレーターとして2年間従事した後、広告代理店へ転職。それ以降は10年以上にわたり、複数の企業で一貫して法人向けセールス畑を歩く。前職のWebマーケティング支援会社では、顧客先のひとつとしてアスタミューゼを担当。

営業になってからずっと、とことん相手の話を聞くスタンスでやってきた

大学を出てから製版会社にDTPオペレーターとして2年間勤めて、お客様とコミュニケーションを深めながらクリエイ ティブな仕事がしたいという想いが強くなり、営業に転身して広告代理店に転職しました。初めは主にセールスプロモ ーションやブライダル情報誌の法人営業を担当していましたが、以前の職場では時には会社に寝泊りしながらモニター の前にずっと座りっぱなしの環境だったので、とにかく外に出て人と話ができるだけでも楽しくて、未経験の営業職で も抵抗なく馴染んでいけました。

そもそも誰かに指示されたということではなくて、自分からお客様と話したい、声を聴きたいと思っていたので、とこ とん相手の話を聞くスタンスでやっていきました。そうするとお客様との関係性も強くなっていって、いつの間にか相 手の立場でモノを考えられるようになっていく。結果、自然に数字がついてくるような好循環になって、新規のお客様 をご紹介いただいたり、取り扱っている商材以外のことでも相談されたりするようになりました。そんな経験を重ねて いきながら、自分のことよりも相手を利する姿勢や、まずは数字よりも相手との関係性に重きを置く考え方などを、今 につながる営業職としての、自分なりのスタンスが出来上がったのだと思っています。

同じような仕事をするなら、未来を切り拓くような大きな仕事がしてみたくて

前職の Webマーケティング支援会社では、Web最適化ツールの顧客先であるアスタミューゼにもレポートなどの報告に 月一で通っていました。そこで以前の職場で上司だった、本部長の嶋崎と仕事以外の場でも食事をしたり話をする機会 が増えたんです。嶋崎というのは、自分のやりたいことを次々と実現していき、常に何かにワクワクしているような方 なので、きっとこの会社でも面白いことをやっているんだろうな、という予感はありました。

予感は良い意味で想定外でした。イノベーションを起こす企業と技術者や専門人材をマッチングするには現在の採用市 場から変える必要があるのでアスタミューゼが市場を変える、さらに将来的には地域活性や地方創生を人材面から支援 したいなど、嶋崎の熱い想いは健在でした。そして偶然にも、前職で新設された人材事業の部署へと異動することにな り、新しい分野で同じような仕事をするなら嶋崎と一緒に、未来を切り拓くような大きな仕事をしてみたい、と思って アスタミューゼへの転職を決めました。

他社がリーチできないところを押さえているから、結果が出せる

技術職、専門職の採用に関しては近年、企業の採用担当者の中で「いったい何をしたらいいのかわからない」といった 手詰まり感がある状況です。広告を打っても応募がない、人材紹介もミスマッチが多くて、スカウトを打っても返信が ない、リファラルにも限界がある。そういった状況が、最近の人材市場で続いています。それに対してアスタミューゼ では、専門領域に特化した約400の求人サイトから成る『転職ナビ』と、取り組みたい社会課題や成長市場を軸に、実 現したい未来で企業と技術職や専門人材の方がつながる『SCOPE』という採用プラットフォームを展開しています。実 際、技術者に対するアンケートから、仕事のやりがいを求めて転職される方の割合が非常に高いという結果が出ている のですが、私たちが発信する求人情報は、自分のスキルがその会社の事業に対してどんな影響を及ぼすのか、世に出る商品やサービスはどんな社会課題を解決できるか、どんなイノベーションを起こせるのか、といった転職後のイメージをいかに求職者自身が描けるかを重視しています。どちらのサイトも一般的にはリーチしづらい技術者や専門人材にフ ォーカスしたメディアで、その両方を活用しながら未来を創る企業や、技術者や専門人材の採用を支援するのが私たちの仕事です。同じ人材関連事業でも、他社とは軸が違うというか、直接的に競合する企業がないので、アウトバウンド の場合でもアポ率が非常に高くてセールス的にはやりやすいと感じています。

また、実際に受注いただいたお客様の技術者の方に取材していると、自社が運営しているの特許情報を集めている情報 サイトの『astamuse.com』や『astavision』といった技術者向けのコンテンツの認知度が非常に高くて、「えっ、こ れも御社がやってたんですか!?」っていう感じで話が広がっていくことも多々あります。企業名の認知度はまだまだ これからですが、届けたい情報はしっかりと届けたい層にリーチできていますから成功事例も豊富で、「ここ1、2年、 成功しなかった採用が成功した」というような感謝のお言葉も多数いただいています。

新しいことに挑戦しているからこそ、ある意味では全員が初心者なのです

アスタミューゼの強みは、データドリブンで導き出される新規事業開発のコンサルティングと、それを実現するための人材採用事業を兼ね備えているところです。それもあって、これまでの人生で接点のなかったような経歴の人が、同じフロアにたくさん働いていらっしゃるのでワクワクします。これまでは営業という世界の中だけでモノを考えてきたわけで、ここだとまったく違う視点でアドバイスしてくれる人たちが周りにたくさんいて、気軽に相談もできますし、ものすごく刺激を受けています。これはアスタミューゼの企業文化というものなのでしょうが、立派な経歴をもっている人でも決して偉ぶるようなことはなくて、人当たりが柔らかくて、お互いに何でも言える雰囲気があります。また、全社員に共通しているのは、やらされている感のある人はまったくいなくて、全員が当事者として仕事に向き合っているところですね。これまでにない新しいことに挑戦しているからこそ、ある意味では全員が初心者ですから、前向きで謙虚でいられるのかもしれません。

科学技術や知財の情報に強い企業というイメージのあるアスタミューゼですが、社員の経歴は多種多様で、それこそが 強さの源泉です。それはセールスチームも同様で、私も含めて人材業界での経験が必須というわけではないですし、営 業の未経験者もいます。私たちのチームの最大のミッションは、イノベーションを起こしたい技術者や専門人材と企業 をつなぐことですが、メンバーがそれぞれの個性を発揮し、その過程を自分自身で楽しむことがとても大切です。それ がアスタミューゼの強さにつながっています。

事業の方向性が明確で、成長スピードが速く、多種多様な魅力を持った人がたくさんいる。こんなアスタミューゼで私 たちと一緒に、この新しい挑戦を楽しんでみませんか。

ページトップへ