JOIN US!

目指すゴールが高ければ高いほど、
頂上の景色は格別なものであるはず。

吹留 直樹 2018年 入社

事業開発本部 インテレクチュアルキャピタル事業部/デザイン本部 デザイン部

大学卒業後、アルバイト先のWebサービスを展開するベンチャー企業に新卒として入社。6年在籍した同社を退職後、アスタミューゼに転職する。

ただひたすらに、サービス拡大に必要なことだけを追求していく日々

大学時代、自分でサービスやモノをつくる側になってみたい、という動機で見つけたのが前職のWebサービスのベンチ ャー企業でした。1年ほどインターンを続ける中でやりがいを感じ、その会社で引き続き働きたいと思い入社しまし た。会社ではすでに2つ、3つのサービスは事業化されていましたがユーザー数の拡大フェーズを終えており、これか ら新しいサービスを開発しなければならないというタイミングでした。

Webサービスの開発に関わるものはフロント周りからサーバーサイドでの機能実装や、運用していく中での改善・管理など、とにかくなんでも実践を通して身につけていきました。その後、エンジニア、営業、サポートを横断したGrowth Hackのチームでマーケティングを担当したり、法人向けのクラウドストレージサービスや映像処理 SaaS サービスといった新規事業ではPMやPOとして開発や企画に携わることが出来ました。エンジニアとして特定の技術を深堀りできなかったという心残りがある反面、事業をどうやってスケールしていくか、そのためにできることはなんでもやり切った、という達成感を得ることができました。

ハードルが高くても、インパクトのあるビジョンをもった会社がいい

前職ではWebサービスのあらゆる業務をやりきった感があり、今後は根本的に何か人の役に立つことはしたいなと漠然としたイメージをもっていました。また、たとえ給料が高くても歯車的な仕事をするぐらいなら、ハードルが高くても世の中に大きな影響を与えるような、インパクトのあるビジョンをもっている会社で働きたいなと。そういう中で出会ったのがアスタミューゼです。

私は大学で「リスク・コミュニケーション、パブリックコミュニケーション」と「流体シミュレーション」の2つのこ とを専攻していたのですが、これが偶然にもアスタミューゼの事業と非常に親和性が高かったです。科学技術社会論では、国家レベルで研究を推進していくような新技術に対して、メリット・デメリットを理解して広く活用してもらうた めにはどう社会の中でコミュニケーションしていくか、そういった科学技術のインタープリターについて学び、流体シミュレーションでは現実世界にある流体(水やオイル)の動き・性質をデジタルにモデリングする手法を学びました。ですので、アスタミューゼが掲げる技術者や科学技術を通じて世の中を良くしたいといった考え方や、データを中心にしたサービス設計などに深い共感と興味を覚えました。また、将来的な市場の大きさを踏まえて「ここでなら一緒に成 長させていけるだろう」という期待を持つことができ、まさに次のステージとして探していた企業のイメージにぴったりでした。

必要なのは、こうあるべきだという自分ならではのスタンスをもつこと

今はIC部(インテレクチュアルキャピタル部)とデザイン部という2つの部署に在籍して、2種類の仕事に携わっていま す。ひとつは、ICP(InnovationCapital Pathfinder)というSaaS系サービスのプロダクトマネージャーとしての業務。開発を担当するエンジニアと事業面を担当するコンサルタントの間に立って、それぞれの役割を円滑に進めてもらうこ とでサービスの成長に繋がる調整などを行なっています。エンジニアチームのデイリーミーティングにはできるだけ参加して積極的にコミュケーションを取り、課題の共有や開発方針の確認を何度も重ねながら、確実にプロダクトづくりを前進させていくことが責務です。

そして、もうひとつが特定のプロダクトというよりも、事業全般で利用するデータベースの整備に関する業務です。特許や論文、企業や投資の情報など、アスタミューゼでは国内外から膨大なデータを取得して保有していますが、それらは常に最新の状態にアップデートされる必要がありますし、新たに導入したい分野のデータもあります。リソースは有限ですから、事業全体の視点や実際に分析業務を行うアナリストの意見なども取り入れて、データの整備作業に優先順位をつけていきます。

両方に共通している役割は交通整理ということですが、意見の異なる両者にはそれぞれの言い分があるのが当然だと思うので、仕事で板挟みのような感じを受けることはありません。いずれも単純に多数決を取って大きい方へ導くという 調整ではなく、自分でもこうあるべきだというスタンスをもちながら、うまくメンバーを巻き込んでいってチームにとっての理想に落とし込んでいけるように努力しています。

仕事でもスポーツでも、チャレンジの中にこそ、楽しさがある

実は大学入学後、スキー部に入部して未経験でジャンプ競技を始めました。もちろんはじめての挑戦でしたが、地方のジャンプ場へ何度も通い、地元の子供たちにまじって練習しながら選手として大会に出場できるまでになりました。一見無謀に思える挑戦でしたが、良く考えれば小さな子供たちでもやっている競技です。先入観を捨てて、彼らと同じように少しずつ高さに慣らしていけば、最終的にはテレビで見るような大きさのジャンプ台から飛べるようになるわけです。前職でも新卒でベンチャーの世界に飛び込んだ私ですが、やはり仕事でもスポーツでも、チャレンジの中にこそ、その楽しさがあると思うのです。

だからこそ、アスタミューゼの最大の魅力とは、その事業がもっている圧倒的なビジョンの大きさであると思っていま す。「人類の実現力を高めていく。」という企業理念は、『人類』という単語が主語であるくらいの大きなビジョンで、絶対に誰かが課題に思っていたり、今後やらなければいけないこととか、そういう広い意味をはらんでいると思います。それはお金になるかならないかだけの事業ではなくて、社会のためにやらなければならない、成功しなければいけない事業だと思っています。そして順調にサービスが発展していけば数年先にはグローバルにも展開できているはずですし、より多くの企業に対して新規事業の創出をお手伝いさせていただきたいです。

もちろん、目指すゴールがとても高いところにあるとは思いますが、登りきった頂上の景色はきっと格別なものに違いない。そう信じて、これからもチャレンジを続けていきたいと思います。

ページトップへ